前へ
次へ

弁護士になる為の法律を覚える勉強方法

日本では六法と呼ばれる法律に守られており、トラブルの大小にかかわらず解決するためには裁判が行われてで裁かれていきます。裁判の無いように応じて六法の法律に従い裁判が行われますが、その時に法を元に話しを進めていくプロとなるのが弁護士になります。弁護士の方は大量にある六法の内容をしっかり把握したうえで裁判を進めていきますが、弁護士になるためには資格取得が必須になります。では実際に弁護士になるため勉強する際に教科書となるのが六法全書になります。では実際に勉強する場合ですが、最初のページから丸暗記していくなんて事は無茶な勉強方法であり無理ともいえます。そのためしっかり順を追って勉強を進めていく事が重要になります。では実際に行う勉強方法の流れですが、まずは全体的な概要だけを覚えていく方法となります。六法自体の種類からそれらの概要をまずは覚えていきます。基本となる概要を理解していくと、今後勉強を進めていく中で理解しやすくなります。

オリジナルのCD制作を考えている方におすすめ

どなたでも簡単にオリジナル作品を制作できます

そのため最初は概要だけをつまんで覚えるように少しずつ理解していくことを意識して勉強していくようにします。その後は概要を覚えていきながら気になる部分や詳細が知りたいと感じた部分から細部へと調べていくようにします。自分自身が興味を持ったことからの方が覚えやすく、負担にならずに学ぶ事が可能です。そのため六法の概要の中でも気になる点やもっと知りたいと感じた部分から徐々に細部へと進めていきます。もちろん最終的には暗記が必要ですが、同時に実際に起こった事例などを踏まえながらどのような裁判が行われたのかを学ぶようにしていきます。実際の事例の裁判を学ぶことで、具体的であり分かりやすく理解する事が可能です。最終的に様々な裁判内容を学びながら同時にどのような法が使われたのか、自分の考えと照らし合わせながら反復で覚えていくという方法がポイントになってきます。もちろん今期のいる作業ですが、弁護士になる為には法を熟知することは必須なので、地道に学ぶことが大切といえます。

Page Top